人生相談や皆様からの応援メッセージ

新入社員のことも殴る武闘派で社長のお気に入りだった怖い上司が自殺した

投稿日:

強烈な存在感をもっていたIさんについて書きます。Iさんは、めちゃめちゃ怖い上司として知られていて、社内随一のやり手でした。部下を殴ったりけったりは当たり前で、数字が出るまでは、絶対に妥協させないし、自分も妥協しない人なんです。

 

新入社員とかも殴るもんですから、そりゃすぐやめさせちゃうんですよね。そして、その親から訴えらたりしていました。かなりめちゃくちゃな人ですが、数字だけは圧倒的に出すので、社長は一目置いていて、問題を起こしてもかばうんです。で、また調子に乗って、社長の期待に応えるために、むちゃくちゃやるって感じの人でした。

 

もちろんそんな人ですから、敵もいるんですけど、圧倒的に武闘派な上に社長のお気に入りだったから表立って敵対する人もいない状況でした。私は、支店が違ったこともあり、ほとんどつきあいがなかったんですけど、一度だけ私あてに電話が来ました。

 

彼はこう私に言いました『お前、天狗になってのか?』関りもないし、全く意味がわかんなかったですけど、『いえ、そんなつもりはありませんが、そう思わせてしまっていたのなら、謝ります』みたいなやり取りで済ませました。関わりたくはないですしね。

 

あとから聞いた話ですが、社内の大きな集まりがあったときに、目が合ったの、あいさつをしなかったってことで、私に電話して難癖付けてみたいです。ほんと、関わりたくない、面倒くさい人だって印象です。

 

その電話があってから、1か月後ぐらいだったんですけど、Iさん、自殺したんです。みんなびっくりです。時期社長とまで言われていて、誰よりも権力持って、気にくわない人は片っ端から頭を下げさせて、俺がキングだみたいな人だったんです。そんな人が自殺した。なんで?ってなりますよね。

 

社内は理由探り大会です。でも、奥さんにも誰にも理由を言わず、夜中に家を抜け出し、命を絶ってしまったそうです。葬式での奥さんの取り乱し方を見ても、何の予兆もなかったことがよく分かりました。

 

私の推測ですけど、本当は全然違う人だったのではないかって思うんです。または考えが変わったか。どちらにしても、周りの評価が気になって仕方がない人だったんだって思います。

 

嫌われるのも孤独だったと思います。数字を挙げるために演じてて、今更本当はこうだって言えないし、演じてる自分が嫌になってしまった。みんなが思っているIさんのイメージを守るのに嫌気がさしてしまった。そんな理由なのではないかって思います。

 

人生って1回しかなくて、今の自分がいやだってなるタイミングがあると思うんですけど、その時にリセットしてやり直そうって考えれるかどうかって大事なんだと思います。実際、そう思えずに、自殺を選ぶ人が16分に1人はいるのが今の日本なわけですから。

 

私は半年前に仕事を辞めました。収入なくなって、家族の生活も家のローンもあるし、不安がずっしり重くて眠れなかったりもする毎日です。でも、リセットしようと考えてそれを決断した自分を誇りたいです。何より、それに理解を示してついてきてくれた妻のために、新たな人生を精一杯生きて楽しみたいです。

-人生相談や皆様からの応援メッセージ

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.