生まれつき・コンプレックスの悩み

スーパーやコンビニの商品を手前から取らずに奥から取りたい衝動を感じる時、自己嫌悪

投稿日:

自分の癖や習慣を考えてみた時にやはりいろいろ嫌なものがどうしても浮かんで来てしまいます。これが自分嫌いの原因になっているとわかりつつも自分の嫌な面を見つけては自分をなじり蔑んで罰を与えて来た人生だと思います。

 

わかりやすい例でいうとスーパーやコンビニで並んでいる商品を手前から取らずに奥の方を取りたいという衝動にかられる、もしくは取ってしまう時です。

 

他人が手にとって迷い、返してしまったような商品を買いたくない、より新しい鮮度の高い商品を買いたいといったようなことが異様に気になってしまうという、すごく自分が小さい人間に思えてしまいます。

 

これが仮に他の人がやっていても自分がやっているのだから何とも思わないのであれば、ともするとまだ気持ちが楽なのかも知れませんが、他の人間がしつこく賞味期限の長いものを探して奥の方の商品をガサゴソやっているのを見ると正直腹が立ちます。

 

それが自分が似たような事をやっているにもかかわらず、そういう感情が禁じ得ない自分を発見するたびに、自分に嫌気がさしてガッカリします。

 

これは前のテーマでやっているようなイジメのテーマに通じるものがあって、自分がされたら嫌な事は他人にはするべきでは無いというのが、いじめのテーマの時によく出て来ますが、まさにそれに似ていて、他人がやっていると腹が立つような事をまんまと自分がやりたい衝動に駆られている自分を発見するのです。

 

本当に嫌になります。このマインドではイジメられたら嫌だけど自分はいじめてしまうのと何ら変わりはないですよね。多分こういう自己嫌悪に陥る癖が多々あるのではないかと思うのですがあまり考えたく無くなってしまいます。

 

自分に嫌気がさしているわけだから、他人のこういった小賢しい面を見つけてしまうたびにそういった他人にも猛烈な嫌悪感を抱いてしまいます。こんな思考傾向が、人間は一皮むけば嫌な面が沢山出てくる性悪説的な考えになって人間嫌いになっていく癖のようなものが自分にあるような気がしています。

 

せめて死ぬまでに、松田さんやひまわりさんがおっしゃっているように魂を磨いて浄化して「先に与える」事ができる人間になってから死にたいと思っています。

 

今回こうして決意して松田さんが提供しておられることをひとつひとつ取り組んでいこうとし始めています。パソコンが苦手ながらも地道にやっていこうと決意しているのもこのような自分の「癖」というか思考傾向があることが大いにかかわっているのではないかと思っております。

-生まれつき・コンプレックスの悩み

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.