プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

いじめ・人間関係のなやみ

不倫報道があるとその人は叩かれ潰される。週刊誌の文春もいつかは同じ目に合う日がくると思う

報道でもいじめが取り出されるときは自殺したときに報道される。

 

学校関係者は知らなかった、でしらを切ろうとして、後であったようだといって謝罪会見、いつもそれで時間がたてば報道されなくなり、また他のいじめ自殺者がでての負の連鎖永続していくだけ、誰もこれから起こらない解決策をみいださない、これでいじめなんてなくらないと思います。

 

私の場合は兄からのいじめ(虐待)が小学生の時に続きました、やった本人は全然記憶がないみたいで、された方は一生忘れないし忘れることができないんです。

 

他人が自分に対して怒ると体が防衛反応で体が震えるんです、いじめられた方は一生心の闇を作るんです。誰も助けてもらえない、誰にも言えない、本当にあの時は自殺したいと思うことがありました。

 

外では一回だけ大学の時バイトで最初に入った日に気にくわなかったらしく、その人がバイトリーダーだったらしく、次の日からみんな一斉に無視される、入ったばっかりなのにわからんこと聞いても無視、仕事できないしね、辞めることを決めました。

 

なんとまあ、陰湿きまわりないと思いました。中学の時に、いじめられている人がいました、女でしたが女子から全員から無視されて、臭いとか暗いとか、悪口の紙授業中に回したり、消しゴムのカスを投げたりとかを本当に陰湿ないじめを目撃しました。

 

先生もしっていて見て見ぬふりで、自分も何もしてあげれなかったので、いじめの加担者なんだと思った。しばらくして学校に来なくなりました。いついじめられる方になるか加担者になるかわからない世の中になった気がします。

 

本当に今のいじめは陰湿ないじめが多くなった気がしますね。一人では何もできない、集団でないとできない、一人が庇うとまたその人もいじめのターゲットにされる。

 

報道でも不倫報道とかあるとその人は叩かれ潰される、批判を書き込んだりして本当に何が楽しいのか、立派な加担者になってたりするんですよね。

 

でも週刊誌の文春とかもきっとこんなことばかりしていると、いつかは同じ目に合う日がくるんでしょうね。

 

 

本当に世の中がおかしくなってきてますよね、コメンテータが正論をいうと降板させられたり、社会全体そう風潮があるじゃないかなっておもいます。
あんまりテレビはみなくなりました。

 

自分は絶対にその痛さがわかるので絶対にそのようなことは絶対にしない、もしまたどこかで自分がされたり、している人を見たら助けたい、立ち向かわないと何もかわらないし、助け合いたいですね!

-いじめ・人間関係のなやみ

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2020 All Rights Reserved.