経済的に裕福で一流企業に勤め幸せな家庭を築いても人を裏切って幸せをつかむのは間違い

いじめられて友達不信になった経験があります。小学生は何の悪気もなく人をいじめたり、仲間外れにしたりします。多分、した側の人間はそんなことをしたことは忘れて『そんなこともあったかなぁ~』位にしかおぼえていません。

 

子供だったからとか若気の至りで済ませてしまいます。『今は人のことを思いやる心で仲間も沢山いてハッピーです!』と平気な顔で話す人もいます。

 

実際、被害にあった人はどうでしょう。今も当時の酷いことはしっかり記憶の中にトラウマとして残っているのではないでしょうか。その被害から人生が変わってしまったのではないでしょうか。

 

私も小学生のころ、信用していた友達に裏切られいじめにあったことがあります。当時、悪ガキだった同じクラスのA君に、親友のB君は放課後一緒に遊ぶよう約束しました。B君はA君が怖いのでしかたなしに承諾し家に帰りました。

 

家に帰ったB君は私の家に電話をかけてきました。『実はAに一緒に遊ぶよう言われて断れなっかたから2人で遊ぶのは辛いから一緒に来て遊んでくれないか?』私はB君がかわいそうなので『いいよ!』と承諾し待ち合わせの場所に向かいました。

 

待ち合わせの場所に着くとA君一人がいました。B君から電話をもらって来たことをA君に話し少しの間B君が来るのを待っていました。でも、B君は来ません。当時はもちろん携帯もない時代でしたから結局私はA君に連れまわされとても嫌な思いをしました。結局B君に裏切られたのです。

 

次の日、B君になぜ来なかったのか問いただしました。B君は『塾にいっていたので無理だったゴメン』それだけでした。それからB君を含めた仲の良かった5人のグループで私は仲間外れにされるようになりました。

 

私は何もしていません。未だになぜそうなったのかもわかりません。そのかわり嫌われ者のA君からの誘いが増えていきました。もちろんA君と仲良くなるわけではありませんし一緒にいるのが苦痛でした。

 

B君のその仲間達はA君から距離を置いて楽しそうに過ごしています。結局、B君は私にA君を押し付けて自分は安全な場所に逃げたのです。今となってはその悪ガキも大したことないヤツでそのA君のことはよく覚えていません。

 

しかし、B君から裏切られたことは忘れられません。B君は勉強もでき要領もよく裕福な家の子供でした。先生にも慕われクラスでも人気者です。

 

大人の社会でも同じような人が沢山います。経済的にも裕福で一流企業に勤めて、世間から羨ましがられるような幸せな家庭を築いて・・・・

 

強いものが生き残るのは自然の原理で仕方がありません。しかし、人を傷つけたり裏切ったりして掴んだ幸せは間違っていると思います。一度の裏切りで人を信用出来なくなり人生が変わってしまう人もいるのですから。

コメントは受け付けていません。