46歳中年男性バツイチで子供はおりません。なぜこの世に生まれたのかと考え落ち込む

私は46歳の中年男性です。バツイチで子供はおりません。20代で勤めていた会社は建築関係の仕事でしたが、倒産してしまいました。アルバイトで食いつないでいたのですが、その頃から妻とちょっとしたことで喧嘩が絶えなくなり、子供もいなかったので離婚することになりました。

 

一人になり、薄給ですが、長く務められる仕事にありつくことができました。あまり休みが取れない仕事なので土日も働くことで離婚の辛さから逃げることができました。離婚したのは31歳のときです。

 

ですが、周りの友達が幸せな結婚をして子供にも恵まれ、家などを立てていく様を横目で見ながら、人としての幸せを感じられず、なぜ私はこの世に生まれてきたのだろうか、などと考え落ち込みがちになってきたのが35を回ったあたりからです。

 

ですが、安易に精神科にかかり薬が手放せなくなった上に精神状況が以前より悪化した友人がいるので、私は薬にだけは頼らないでおこうと考え踏ん張りました。

 

今も薬に頼ったり精神科にいくようなことはしていませんが、一人で生きていることに対して酷く寂しく不安になる毎日です。もっと前向きな性格であったならば、再婚という手もあったのでしょうが、女性恐怖症になってしまったようなところがあるので叶わぬことです。

 

せめて老後のために貯金だけはしておこうと考えましたが、もともと薄給なうえに、業界の不景気で正社員から、派遣社員に去年降格になってしまいました。とりたてて何の楽しみがあるわけではないので、そんなに浪費はするタイプではないのですが、だからといってたくさん貯金ができたわけではありません。

 

もう46になってしまいましたし、スキルが生きるような職場でもなかったため転職しようにもうまくいく筈がなく、仕事が減って飲食のバイトなども
たまに入れるようにしています。

 

自分の生き方や、今の現状が大変恥ずかしいと思っています。悔やんでも悔やみきれないのですが、全ての選択は自分でしてきたので、自業自得と思っています。夜寝るときなどこのまま死んでしまっても何も後悔しないなあと思ったりしてしまいます。

 

一体なんのためにこの世に生を預かったのだろう。こればかり考えてしまい、仏教の本なども読んでみたのですが、私にはしっくりくるものがあまりありませんでした。3,4冊読んで辞めている辺りが本当にダメ人間だと思ってしまう始末です。

 

人間関係も知り合いはいるにはいるのですが、自分から連絡を取るようなことができません。いきなり電話がかかってくるとほとんど取ることができません。

 

いつも人と気軽に話す心の準備ができていないからです。メールやラインだと自分のペースで相手とコミュニケーションが取れるので問題ないのですが。

 

今自分ができることを真摯にやるということが頭では分かっているのですが、できない自分が本当に嫌です。

コメントは受け付けていません。