ステージ4bの胃ガンで胃の3分の2を切除し抗がん剤の影響で暗算も出来ず

生と死を痛感したのは私が19歳の時母が4か月の闘病の末亡くなってからです。父は私を虐待し小学校1年生の時から家出を繰り返しそれでもなんとか生きて来たのは優しい母がいたから。

 

私の家は紳士用品店を経営し店舗付きアパートみたいな所で4畳半1間の狭い部屋で私が中学に上がるまで暮らしてました。寝る時は布団をぎゅうぎゅうに敷き詰め4人で寝るわけですが、父の虐待があった日は私を母はごめんねと言いながら泣きながら私を抱きしめてくれました。

 

そのお陰で私は生きてこれたのです。父は母の病気を卵巣嚢腫と言いガンとは言いませんでした。ただ付き添いで毎日通っていましたが母の髪をドライシャンプーをするとごそっと抜けて心の中ではもしかして抗がん剤?と何度かおもったけれどガンであるとは思いたくなかったのです。

 

でも母の危篤の時主治医に母の病気を聞かされそうかと思いました。母が亡くなりこの世で一番悲しい出来事でもうこんな悲しい事は無いと思ったのもつかの間、2年後にこれ以上好きになれる人はいない位好きだった彼氏がバイクで亡くなりました。

 

どうして私の大切な人がこうも次から次へと亡くなるのか、もう自暴自棄になりました。母は5人兄妹で女姉妹3人がガンで亡くなり父は3人兄妹で兄が肺ガンで亡くなりガンは私にとって恐ろしい病気になり父が今度直腸ガンになり7年の闘病の末亡くなりました。

 

まあ父は74歳まで生きたので仕方ないにしても45歳で亡くならざるを得ない母、22歳の若さで事故で亡くなった彼氏。もう私は生きた屍でした。愛する人の死程絶望はありません。自分の運命を呪いました。又父が亡くなり私1人になった2年後、私自身がガンでそれもステージ4b絶望でした。が何故か放射線と抗がん剤が効き克服しました。

 

でも翌年に発症した胃ガンで胃の3分の2を切除し2年前に自転車にぶつけられ治療費もかけれなかったので歩く事が出来なくなり貯金も無くなって仕事も出来ず困り果て挙句抗がん剤の影響で暗算も出来ず何か勉強してどうにかパソコン1台で食べていけないのかと思ってネットで調べても全くどうしていいかわからず頭がショートしてしまいます。

 

こんな事ならステージ4bのガンが治らず死んでしまった方がよっぼといいのにとか思う自分がいます。何故両親は亡くなり彼氏もなくなったのに私は生きているんだろうと、お金も無い頼れる人もいない、歩く事も出来ず仕事も出来ない、無いないづくしでこれからどうしていいのかわからないです。

 

なんの為に生きてるのか生きて行くにはお金が必要なのに稼ぐ事が出来ないそんな運命を呪っています。

コメントは受け付けていません。