社内的には干されていながら,管理職として立場と責任だけは追及され通勤するのが嫌

やはり一番苦しかったというか,今も苦しんでいるのは,会社での人間関係にまつわることです。実質,社内的には干されていながら,管理職としての立場と責任だけは追及される状況にあり,気分も滅入るし腐ります。

 

毎日,通勤するのが嫌で嫌でたまりませんが,世間一般の価値観に従い,家族を養うため,またこの年齢で転職は無理なため,この糞みたいな環境に身を沈めて鬱々とした日々を過ごしております。

 

管理職というのは,労働者から搾取する立場だと世間一般では解釈されがちだとは思いますが,そうとはいえないパターンもあるということを,世間の人はあまり知らない。

 

というか,知ったとしても「それでも管理職なんでしょう?」と享受しているメリットなどから揶揄されたり,「単に派閥争いに負けただけでしょ?」と嘲笑されるだけだと思います。

 

が,実体状況からすれば,そんなメリットなど放棄するので,一労働者にしてくれた方が,労働三法に基づき経営者とも交渉できるのに,という忸怩たる思いがあります。確かに圧倒的によくある状況として,労働者が経営陣から搾取されているのは確かだと思います。

 

うまい喩えではないと思いますが,今の自分が置かれている状況を説明するとすれば,ある種の難病患者みたいなもので,同じような状況にいる人が少ない分,それに対する保護機構や改善の取り組みというのはほとんど成されておらず,単なる経営陣の中での権力争い程度にしか認識してもらえないのだと思います。

 

実際そのことで精神を病み,通院しながらも,自己効力感や自己肯定感といったものは全く持てずにおり,生きる屍,奴隷です。そういう状況から抜け出そうという面でも始めた投資行動では,大損害を被り,って言うか全部自己責任ですけど。

 

とにかく唯一の希望の芽を失ってしまい,茫然自失状態の中,ときおり襲ってくる激しい後悔の念と,これからどうやって生きていけば良いのだろうとの不安に苛まれております。

 

それでも会社にしがみついている自身の姿を顧みるとき,そこには絶望しかありません。人間,どんな苦境でも,自己肯定感を持てればまだなんとか生きることが出来ると私は思います。

 

実際,どの場面に最も多くの時間在籍しているかと言えば,家庭ではなく,多くの労働者にとってそれは会社ということになるのではないでしょうか。その時間がほとんど自身にとって苦しい以外の何物でも無いとき,人間,心を病むものだと思います。

 

如何に家族を養うためであったとしても,それだけでは自分を支え続けることが出来ないのです。

 

そんなとき松田さまの,お一人で在宅でなされている仕事のスタイルは,私にとって輝いて見えます。むろん,そのこと自体がそうたやすいことではないのは,十分推測できることではありますが,そこには自己を肯定できる確かなものが横たわっているように思われます。

 

出来ることなら自分もそうなりたい。そう思いこれを書いています。ただ,長年,組織の中でしか生きてこなかったため,一人で生きていくことについてのあこがれとともに,恐怖心があるのは確かです。しかしそれを乗り越えていく価値がそこにはあるように,松田さまの動画を拝見して感じました。

 

このロートルに今から一体何が出来るのか,極めて心許ない状況ではありますが,もし機会を得られるのであれば,最後のひと花ではなく,この後も10年20年と続けられるものとして,是非自分の生きていくためのスタイルを確立できれば嬉しいです。

コメントは受け付けていません。