浮気したり恋人に傷つくことを言ったり八つ当たりしたり、自分勝手だった

私は今、自分自身の性格についてとても悩んでいます。今もそうですが10代まで、とても抽象的に物事を捉えていて、適当な考えで、大雑把でぼけっとしていました。人にはそれぞれ基本的な性格があり、思考や行動のパターンがあり、日々の積み重ねがその人自身を、人生を作っているという当たり前のことを、気づかずに意識せずに過ごしてきました。

 

そのつけが今すべて回ってきていると感じます。恋人との関係も、今も大きくは変われていませんが、前まではひどいものでした。浮気したり傷つくことを言ったり八つ当たりしたり、今思うと自分のことしか考えていませんでした。

 

友人との関係も、気はとても使っていますが根本がよくないので、いい友人関係が今まで作れていないのだと思います。遊ぶ仲間はいますが、心からリラックスできないのは、自分のマインドに問題があり、関わり方がわかっていなかったからなのだと気付きました。

 

これらの今の自分の気づきが得られたのは、今の恋人のおかげです。ひどい状態だった私の言動を許してくれ、受け止めてくれ、家族よりも大切にして、悪いところを叱ってくれたおかげで、やっと気づくことができました。

 

自分は今まで、本当の意味で人を愛し、思いやることができていなかったんだ、と気付きました。とても優柔不断で気分ムラも激しく、明確な目標がなく、感情的で思ったことを言ったり行動するので、よくない結果になります。

 

22歳でこれらの自分の欠点、気づかなかったことに気づかせて頂き、今の恋人にはとても感謝しています。まずは恋人に、私と過ごす時間が少しでもいいものになるように努力していきたいです。支えられた分、私も支えられるようになりたい。

 

育ててくれた親や家族も少しでも楽になれるように、幸せになれるうにしたいです。これからは少しずつですが、論理的思考に近づき、「因果応報」の仕組みを忘れず、大切な人の幸せが自分の幸せになることを願って生きていきたいです。

 

これからの目標は、1つは正社員にならず、安定して稼ぐことです。松田さんに出会えたことが、この目標を叶えて人生を豊かにするための、私の希望です。この目標ができてから、人生の目標がより明確になり、やりたいことも増えました。

2つ目は英語を話せるようになることです。英語の教材の一つを読んで、対人恐怖症を直すことが英語を話すためには重要だと思いました。私は根本的に対人恐怖症なので、恐れをなくし、もっとフランクに自分の考えを自信を持って話せるようになりたいと思いました。そのためには、やはりもっと努力して基盤を固め、自信が持てるようにならなければと思います。

3つ目は、先のことをよく考えて話したり行動したりすることです。22年積み重ねてきた癖を壊すのはとても大変ですが、日々の意識によって少しずつ、相手の気持ちを考えて行動し、一つ一つの発言に責任をもって話したいです。

コメントは受け付けていません。