四肢麻痺という突然手足が動かなくなる病気。原因は過剰なストレスでリハビリ後も後遺症が

私は43歳既婚男性です。産業機器関連メーカーの会社で3年前に、引き抜きで入社し、働いていました。以前の会社では、資金面で難しかった事業を立ち上げこれからという矢先でした。突如、四肢麻痺という病気に襲われました。この病気は、突然手足が動かなくなる珍しい病気みたいです。

 

発症の原因は、主に過剰なストレスが引き金となる場合が多いとの事でした。救急搬送され、即日から入院。1か月で左手・左足はまともに動くようになりましたが、右手・右足に同じような症状がでる後遺症が残っていたのですが、経済的理由により、退院。

 

自己リハビリ(歩行)とリハビリセンターでの治療をやってたのですが、後遺症の改善はなしの状況でした。追い打ちをかけるかのように家庭(主に妻に)もゴミ扱いされ、感情の制御ができなくなりました。

 

さらにうつ病と診断され、自殺のことしか頭に無く、子供に相談し、関東の住居から田舎の実家へ、逃げるように移動しました。(思い出しなくないのかこの文章を打っているだけで、吐き気と動悸がします)子供は卒業し、就職していたのですが、罪悪感しかありません。

 

ちゃんと病気治してねと言われた事を思い出すと、涙が止まりません。その後休業という形をとっていましたが、1か月前に会社から、「復帰の見込みなし」と判断され、規定により退社となりました。「怪我と弁当は自分持ち」とよくいった話で、身を粉にしてもこんなものかと絶望していました。

 

今まで仕事をしてきて、ストレスとはなんなのかすらわからない状況で生きてきたのに、いきなりストレスですと言われて「なんで?俺が?」と思っていました。しかし妻からの生活費請求は続いています。収入は傷病手当でまかなっておりますが、残り2か月という状況に恐怖しています。

 

無理やりにでも働く事を決意し、色々と求人誌等を眺めながら、以前から気になっていて検索していたインターネットを使ったビジネス方法を動画で見ていた時に、松田さんの動画をフラフラと見始めました。色々な動画を何十時間も見ていましたが、共感じゃない変な感じを受けました。

 

なんとか出来るかもしれない…そんな感じでした。不純な理由かもしれませんが、会社に勤めるとこに対して、違和感しかない現状で、就職していいのだろうか?そんな感覚しかありません。今まで、自分の大好きなことをすべて捨てて、生きていく生活していく事に疲れたのかもしれません。

 

ただ自分の時間の持てる有意義な生活をするためには、違う何かに挑まなければならない気がしました。動画内でドラクエとFFの話をしているのを見て、確かに!と思う反面、「今まではどうだったのだろうか?」と思い返したりもしました。

会社員時代に、展示会等にもよく足を運び、「情報こそ最大の武器」とも思った時もありました。ネット社会の現代では、私にある知識なぞ、紙切れかもしれませんが、それでもネット関連の事業をやってみたいです。

 

相談内容という内容ではなかったですと思いますが、こんな私でも成功者になれるのでしょうか?なれる可能性があるのであれば、その技法を教えてください。

コメントは受け付けていません。