社員が報告を行っていた時に激高し、土下座を強要しスリッパで頭を叩いたパワハラ社長

50歳の男性会社員、前に勤めていたスポーツ施設での出来事です。そこには、雇われ社長Aとその下に支配人Bという構図で下には各セクションの責任者がいました。私は財務経理の助っ人として半年ほど勤務していた時の出来事です。

 

連日連夜の勤務が続くCがしばしば居眠りをしていた、そのCに対してコップの水をかけて起こした。報告を行っていたときも突然激高し、Cに対して土下座を強要し、スリッパで頭部を何度も叩く行為をした。

 

一緒に怒られていたDは連日の激しいパワハラを見せつけられて、また、その意に反する言動を繰り返し強いられいたことで精神状態がおかしくなりました。その後「うつ状態、パニック障害」と診断されました。

 

別の社員には「かたわ」や「女のくさったの」などの差別用語をつかって罵倒を繰り返しました。その都度まわりの社員は同調するように強要されていました。

 

単純作業を指示されていた時も以下のようなことがあったのを目撃しました。大きな額縁に古い紙幣を貼りつけるという作業なのですが、額縁の台紙にセロテープで直接貼らないようにと言う指示があったようですが、何らかの方法で貼らないと紙幣が台紙からずれるためポストイットのように簡単に貼ってはがせる両面テープのようなものを用いて紙幣を固定したそうです。

 

すると、その指示に従わなかったとして「ルールを守れない人間はクズや。組織の人間やない」と罵声を浴びせ即座に車で2時間以上かかるとこまで謝罪に来るように指示していました。

 

本当にうつ状態になったDに対し、「社会人として一から勉強しなおせ」「うつ病やと言ってるらしいが、うつ病のやつは自分でうつ病といわんわ」「そんなのはただの怠慢や」と言われうつ状態の事を非難されていました。

 

ホテルで開催されたパーティーの責任者を任されていたBに対し、パーティーで出された料理が従前の物と同じ内容であったにもかかわらず、料理内容が悪いと激怒し、パーティーの終了後、他の従業員がいる前でDに対し「ようあんな料理出したな。恥かかせやがって。死ね。」と大声で叫んだ。

 

その後、料理の事について蒸し返しDに対して「アホ?お前」とか「馬鹿」といって「明日からお前も料理運べ。お前はもっと現場の仕事を覚えてこい。アホ、ボケ、カス、死ね」等の暴言を聞きました。

 

しかし、私らの前で死ねと言ったのでそのことを正当化するような発言をAはしていました。Dは最終的に「うつ病」と診断となり、出社ができなくなって休職、退職となりました。

 

そのような経営を続けていたら会社が続く訳もなくその後会社は他の人の手に渡り、今は次の方が経営を続けております。私自身がDに対して何もできなかったことが非常に申し訳なく思っています。

コメントは受け付けていません。