イジメを目撃しても次の標的になるのが怖くたすけてあげられないのが正直な気持ち

イジメについてですが、子供の頃から私はどちらかというといじめられる方でした。どちらかというと…。でも、今の子供がやっている様な集団で一人の子供をいじめる様な感じのイジメとは少し違う様に思います。

 

子供の頃に家族からからかわれたりのけ者にされたりといった経験もありますが、家族内の出来事です。学校でのイジメも経験はしましたが、今の子供のような集団でのイジメではありません。必ず味方もいました。友達もいました。だから助かったのかもしれませんが、とにかく友達はいました。

 

しかし、大人になってからは違います。大人になってからの友達は一人もいません。社会に出てからイジメというかのけ者にもされました。人間不信にもなり対人恐怖症にもなりました。騙されたこともあります。

 

私が出社してくると「気分が悪い」とか言う人もいました。こっちにしてみればあなたがいると私も気分悪いのですが…。ただ、相手側の方が口が達者なので何も言い返せません。挙げ句の果てにはこっちが「なめるのもいい加減にしてくれよ」と言うと相手は「お前なんて元々相手にしてないから」と…。

 

相手にしてない割には随分と意識して嫌ってくれていたとは思います。もっとヒドいときは「お前が死ねば会社は平和になる」とさえ言われました。もし、本当に死んでいなくなれば本当に会社が良くなるのでしょうか?

 

たぶん、私がいなくなればそう言う人は違う標的”明らかに自分よりも何も言い返せない人物”を探して見つけたらストレス発散の為に攻撃しているだけでしょう。どちらにしても、いじめる側に問題があると思いますよイジメは今も昔も。

 

どういった育てられ方をすればそのような残酷な言葉が人に言えるのか?理解出来ません。あと、社会に出てからはイジメを感じ取っても助けてくれる人はいません。子供の世界も今はそうなのかもしれませんね。子供の世界は大人の社会の鏡とも言える。

 

嫌いなら嫌いでいい、ただ言って良いことと悪いことはある。「死ねばいい」なんて言葉は絶対に言ってはいけない言葉です。本当に死ぬ人もいるんですから…。

 

では、イジメを目撃したら助けられるか?と言う事ですが、なかなか難しいというのが正直な意見です。助けてあげたいという気持ちはありますが、次の標的になるのが怖いのです。

 

集団組織にいると上司の言葉にはなかなか逆らえません。部下をいじめているとしか思えない様な上司は何人か見てきています。いじめている上司が過去に何があったのか分かりません。

 

でも、明らかにイジメでしょ?と言う状況は何度も目撃しています。会社の上下関係は絶対なのでしょうか?生きにくい世の中です。

コメントは受け付けていません。