苫米地氏の脳科学と認知心理学を基にした「まずは親を超えなさい!」を読んだ

松田さん。こんばんは。ステップ5の教材を配信してくださってありがとうございました。普通の人がなかなか理解できない自分のクセや習慣というと、思い当たる事は「人が気にしない事を気にする」と言われたことがあります。

 

自分が使う言葉や自分が使う言葉によって相手はどんな気持ちになるかを考え過ぎてしまう時に「人が気にしない事を気にする」のかもしれません。

 

あとは、親戚仲や家族仲がとてもよくて、同級生に家族仲、親戚仲を聞いてみると仲はあまり良くなく、良い事は珍しい事なのだと知りました。子どもの頃から不思議に思っていることがあります。

 

自分で何かをよく疑問を持つことがあるのですが、その疑問がたまたま立ち寄った図書館で、たまたま気になった本を開いて読んでみたら、疑問に思っていた事の回答と感じられることが書いているという事を良く体験しました。

 

マインドチェンジプログラムで、認知心理学を学ぶ事をオススメされていたので、図書館で探してみましたら、苫米地英人さんの「脳科学と認知心理学を基にした自己実現プログラムTPIE:まずは親を超えなさい!」という本が見つかったので読んでみました。

 

その内容にはRASの事や子どもの頃の情動がどのように思い込みに影響するのか、アメリカで有名なコーチのルー・タイス氏とのコーチング苫米地氏の新しいコーチングプログラムの広告を兼ねた本だったのですけど、初めて知る事も多くて学べました。教えてくださってありがとうございます。

 

普通の人がなかなか理解できない自分のクセや習慣・・・今、思い浮かびません。でも、不思議な体験をしたことを思い出しました。その不思議な体験というのは2015年の5月頃の話だったと思います。わたしは、毎日、一緒に暮らしている犬と散歩をしているのですが、その散歩の最中に「空気の動きが止まる」のを感じました。

 

そして、自分が歩いた道を振り返ると、ゆっくりあるく足の太い猫が、ゆっくりしっぽを揺らしながら歩き、そのゆれる猫のしっぽを「つっつき」ながら、小さく飛び跳ねながら、猫の後をついていくカラスの姿が見えました。その姿が、とても楽しそうで。「猫とカラス。異種間でも遊べるんだね。」とほのぼのした気分になる事ができました。

 

2015年の5月頃、、不思議な体験の多かったです。また、一緒に暮らしている犬との散歩中の出来事なのですが「ゴーっ。」と鳴り響く音が空から聞こえました。「また、隣の市の米軍基地から軍用機が飛ばされてきているのかな。それにしても、飛んでいる地上からの高度が低すぎな感じがする」と思いました。

 

ワンコの背中を見てうつむいていた顔を上げて空を見てみると、大きな雲が広がっていて、その雲の隙間から、、見たことがない機体の一部が見えました。上手く言えないのですけど、シャトル型のUFOだったと思います。

 

こういった不思議な体験をしたこともあるので、世の中には、不思議なチカラもあるのだろうなと思えます。ありがとうございました。

コメントは受け付けていません。