過呼吸も胃腸炎も過敏性腸症候群も考え方が変わると治り睡眠薬も抗うつ薬も辞められた

私は小学校4年生の時から去年まで約12年ほどずっとどこか病んでいて悲壮感に漂っていました。なぜ私だけ恵まれない、なぜこんな環境で生きている、と長年考えていました。

 

そんな中2017年の大晦日に1人で寂しかったこともあり、YouTubeで幸せになる方法を検索した時に出てきたある方が話している音声を聞きました。その方は言霊を大切にしていて、ありがとう 幸せ ついてる などポジティブな言葉を話します。疲れた 嫌だ など愚痴や泣き言は話しません。

そういった当たり前だけど忘れていた、私には欠けていた事を気付かせてくれました。考え方を変える大きなきっかけになり、その方の話している音声を聞き、前向きになれた気がします。

 

常に明るくいれるようになろうと思いました。癖になっている泣き言も言わないように気をつけると言わなくなり、自然と泣き言や愚痴ばかり言う人と距離を置くようになりました。

 

以前頻繁になっていた過呼吸も胃腸炎も過敏性腸症候群も考え方が変わると治りました。今は泣いたとしても過呼吸が起きません。睡眠薬も抗うつ薬も辞められました。

 

そして今まで憎しみの感情しかなかった方達のことも、考え方を変えることで許せるようになり感謝できるようになりました。これら全ては考え方と言霊の力です。自分を変えるのは自分自身だと気付きました。

 

そしてその方のお話の中に、魂の成長のために、その魂が一番成長できる試練を選んで人の身体に入って産まれるという内容がありました。この言葉に私は試練の途中だったのかと思えてすごく救われました。

 

私はまだまだ成長途中です。これからももっと試練があることは実際に目に見えています。ですが試練を乗り越えられると信じています。苦痛な経験も僻まれることもいじめも、他の人に同じ事をしてしまわないように必要だったことと思えます。愚痴や泣き言、わがままから卒業します。

 

そうすることで、これから私の人生はもっともっと幸せで、愛に溢れることと確信しています。私自身の考えですが、霊は存在するものだと思います。良い意味でも悪い意味でも霊は気に近いものだと思っていてマイナスな感情にはマイナスな霊が、明るい感情にはプラスな霊が寄ってくる気がします。

 

なぜかわかりませんが、ありがとうと言う気持ちや、相手を心から褒めた時すごく気持ちがスッとする気がします。この事から私は、きっと自分だけが良い思いをしたとしても幸せにはならず、周りの人が幸せになることで、私も幸せになるのだと分かりました。

コメントは受け付けていません。