プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

いじめ・人間関係のなやみ

学校の成績が良い人はいじめの対象になっていなかったのでひたすら勉強した

投稿日:

自分自身、肉体的な暴力としてのいじめを受けたことはないですが、小学校高学年の時によく下級生に言葉でバカにされたりトラブった記憶があります。

 

特に私から何かをしたつもりはないのですが、高学年になったら、高学年としての威厳を保とうとして下級生に下手に偉そうにしたり、自分の器以上に大きくみせようとして、なんでもないのに命令口調になったりして口喧嘩になったり、言い合いになったりしていました。

 

心の中では毎回毎回かなりムカついていたけど、今考えると変な付き合い方をしていたと思います。同級生には偉そうにできなかったけど、下級生にはバカにされてはいけないという変な意識が働いて、妙に偉そうにして、それがKYな言動になり、なんか変なヤツだと捉えられて変な付き合い方になってしまったのではないかと考えています。

 

中学でいじめを受ける人を見たことありますが、最初からいじめられていたわけではなく、しばらく学校生活が続けるなかで、身体的違いだったり、変な行動したり、変なことを言ったり、しつこかったり、うざかったり、KYだったり、なにかが皆と違うことで、「コイツなんか変!」と意識されていじめの対象になっているようでした。

 

具体的には、何もしていないのにいきなり蹴ったり、自分の棚に変なモノをいれたり、そんなに特徴的なことはなかったですが、そういうのが多かったです。

 

私は、いじめの対象にならないように目立たないように目立たないようにと心がけ、周りと違いがないようにあまり自分の意見も言わず、ひっそり行動していました。

 

学校の成績が良い人はいじめの対象になっていない感じだったし、勉強でいい成績順位を取ることに喜びを感じるようになってしまったので、ひたすら勉強して、いじめからは避けて生活していました。

 

なんとか、中学時代の成績で高校は推薦で合格することができ、高校もいじめに接することはなく過ごしました。

 

社会人になって会社員となった後、肉体的な暴力ではないけど、明らかにいじめと思えるような口撃で、、仕事に対する考え方の間違いを指摘したり、延々と3時間も説教したり、周りに聞こえる大きな声で、ダメ出しするような悪評高い上司がいました。

 

その方は、仕事ができる人だったので、左遷されることもなく、なかなか他部署にいくこともなく、その方の部下になった人は、ほとんど精神的に参ってしまい、うつになったり、会社に来なくなったりした。

 

当時、その会社は、我が強くて、声が大きい、それくらいのことには負けない精神の持ち主でないと会社にいることが出来ませんでした。少し仕事が出来なくても、我が強くて、声が大きい人が会社のなかでは出世するという、内向的な性格の人には非常に居心地の悪く、体育会系の人が一番活躍できる環境でした。

 

今は、会社の在り方やコンプライアンスで会社の中も見直しされていますが、こうしたものは、ある種のいじめにも似ていると感じます。力を持つと、周りは何も言えなくなってしまうしご機嫌を伺いながら仕事をするというふうになってしまう。

 

全くよくないのですが、当時はそれが普通でしたし、逆に元気があっていいい!と変な風に評価されていました。こうした風土は、日本にはまだまだ根強く残っていて、日本の衰退の要因にもなっているかと思います。いじめについては以上です。

-いじめ・人間関係のなやみ

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.