プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

人生相談や皆様からの応援メッセージ

軽度の発達障害で誤字脱字、電話応対では聞き違い、気を抜くと凡ミスを繰り返す

投稿日:

いつも学ばせていただきありがとうございます。食品工場勤務派遣社員53歳、T.Iです。最近わたしは軽度の発達障害であることが解ってきました。

 

かなり以前から、うすうす自分に障害があるのではないかと思っていましたが、ここ何年かネット上でクローズアップされ、情報が提供されるようになり、自己診断できるようにもなりました。

 

障害というくくりにすることで、自分自身救われる面もあるように感じます。過去いろんな職場でさんざんに怒られたりもしてきましたが、自分はふざけているつもりも、足をひっぱるつもりもありませんでした。ただまじめに働いて認められたかったのです。

 

でもがんばりがことごとく裏目にでて、迷惑がられて去らざるえない、そんな2、30代でした。学生の間であれば、おかしな奴で済まされますが、ひとたび仕事を始めれば、やるべきことはきちんとクリアしていかなければ、使えない奴、じゃまなだけの奴になってしまいます。

 

普通なら半年もやっていれば、同僚とおしゃべりしながらでもきっちり完成できるような仕事が、自分には大変になってしまう。ちょっと気を抜くと凡ミスを繰り返す。新聞配達をやってみれば配り忘れをやってしまう。150件の配達を終えてみると一件分が残っている。

 

事務の仕事をやってみると、誤字脱字、電話応対では聞き違い、とにかくその日一日なにも間違えないようにと必死でへとへとになる。いつまでたっても、何年やっても、自信がもてない、余裕ができない。

 

そんな中でもなんとか人並みな人生を送りたいと、自分に合いそうな仕事を探し、なんとか小さな測量会社に就職しました。体力的にはきつい作業でしたが、補助的な仕事で、先輩の指示どおりに動いていれば無難にこなせる仕事でした。

 

それに体力的にこき使える若手が少なくもあり多少至らない部分があっても大目に見てくれていたようです。しかし時とともに年齢もあがり、責任も増えていく中、一つのミスによるダメージも大きくなっていきます。次第に上司や同僚の評価も下がっていきました。

 

そしてなにより社長なんですが、激高しやすい性格で、人前でも関係なくさんざんに怒鳴られてしまいます。私は大声で怒鳴られると脳がぎゅうっと締め付けられるようで頭が真っ白になります。本当につらかったです。

 

その会社に9年間、勤めましたが、ついに耐えられなくなり辞めました。当時、自分としては、何とか自分の足場を築いて、社会人としてちゃんと認められる人になり、家族を作り親孝行しなければならないと思っていました。

 

しかしその一方で、ストレスから逃れるように、パチンコばかりして、貯金はずっとゼロでした。その後も転職を繰り返し、四十歳を過ぎてからは、次第にあきらめの心境になって行き、低賃金の誰でも出来て、ミスしてもダメージの少ない作業だけやる派遣社員として、ただただやり過ごす日々が続きました。

 

ただその中でそれまで目指してた生き方とは違う生き方があるのかもしれないとも思い始めました。実は過去数回ブログでアフィリエイトに挑戦しようとしたことがあります。そして挫折をくりかえしてきました。

 

ただただ我流での迷走、報酬どころか、構築の入り口にも立てないまま、暇つぶしのお遊びで終わりました。今思えばマインドセットのマの字もありませんでした。

-人生相談や皆様からの応援メッセージ

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.