プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

スピリチュアル

飯田忠彦氏の「生きがいの創造」は退行催眠で過去を話し生まれ変わりを考える内容

投稿日:

スピリチュアルという言葉はよく耳にしますが、自分ではよくわかっていません。霊というとテレビで放送されるような心霊番組のようなもので見ることはありますが、どこまで信じられるかと言われれば、自分では何とも言えないといったところです。

 

ただ、「生まれ変わり」については、いろいろと考える機会がありましたので、多少述べさせていただきます。「生まれ変わり」について最も考えたのは、自分が癌の宣告を受けた際に、知人からいただいた「生きがいの創造」という一冊の本でした。

 

飯田忠彦さんという方の書かれた本で、サブタイトルは「生まれ変わりの科学が人生を変える」というもので、人は生まれ変わるのかを科学的に論じているものでした。

 

退行催眠によって被験者の過去を話してもらうことで過去にその人がどんな世界で生きていたのかを調べていくもので、その症例がいろいろと紹介されていたいたもので、実際に統計もとられているという内容でした。

 

ちょうどその本を頂いたのが、最初の入院の前日で、私自身「死」をかなり意識していたので、入院してすぐに読み始め、1日で一気に読んでしまいました。生まれ変わりは「確かにある」と今でも思っています。

 

輪廻転生は人が亡くなってもまたこの世に生まれてくる。あるいは一生の中で「地獄界」「餓鬼界」「畜生界」「修羅界」「人間界」「天界」の6つの世界を生まれ変わりながらまわっており、釈迦はこの6つの世界では苦しみから逃れることはできず、これを超えるのが浄土という極楽世界だと言ったと聞いたことはあります。

 

カルマについてはいろいろと自分自身以前に考えたことがあります。カルマを調えたら「業」ということを知り、業とは行いだとも知りました。
前世の業が今の自分とつながっていることもその時に知ったのですが、そうなると自分はなぜ今の立場に生まれてきたのだろうと、考えることもありました。

 

業とは少しずれますが、因果関係という言葉の因果は「原因」と「結果」であることから、今の時代に生まれてきたことが結果であるなら、原因は生まれてくる以前、つまり過去の世界にあるのでは、と自分なりに考えましたが、いまだに納得のいく答えは見つかっていません。

 

ただ、もしそうであるなら、今正しく生きていくことで、それが原因となれば、もしかしたら生きているうちに、正しく生きた結果が出るかもしれない、と感じています。

 

原因が常に過去の世界の自分にあって、次の世界にしか結果が出ないのであれば、今生きている意味がなくなってしまうと思ったので、同じ世界の中で正しく実直に生きれば、結果も見えると思います。

 

余談になってしまいますが、「自業自得」という言葉も、最初はネガティブなイメージの意味でしか考えていませんでしたが、良い意味でも自分の行いは自分に返ってくるということも自分で「生きる」ことを考えている時に知りました。

-スピリチュアル

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.