プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

人生相談や皆様からの応援メッセージ

元旦那が自殺。死んだ後の世界を恐怖する傾向があるが魂は続くと思う

投稿日:

幸せなことに私の両親は健在です。私の身内のお別れは祖父母です。祖父母が亡くなった時は、幼い時の思い出をたどっての寂しさでした。祖父母が私にしてくれた優しさは一つ一つ覚えています。でも人は順に亡くなるものです。

 

祖父母は皆、老衰で亡くなったので苦しみも無く幸せに見える死でした。なのでその死に対しての抵抗はありませんし、羨ましい気持ちもあります。

 

しかし私も50年近く生きてきて、これまで知り合いや友達の死を何度か経験しました。若くして亡くなる者に事故や自殺は多いです。

 

その訃報を聞く度に何で?と考えさせられました。私が人の死で最も辛かったのは元旦那の死です。彼とは20歳の頃に知り合いました。お互い精神的に弱い部分があったと思います。結婚して子供が産まれましたが、生活が維持出来ず離婚しました。

 

でも別れてからも友達としてお互いの近況や、時にはストレスの捌け口になったりと親交は続きました。そんな関係が15年程続き、いつものようにふざけ合って電話を切りました。

 

そしてその翌々日の明け方、彼の母親から留守電が入っていました。息子が亡くなったと。それから多分自殺だと思われる、と聞きました。宗教的考えでは、自殺でも自分を殺すことは殺人であって地獄に落ちる、と言います。

 

そして、奇跡に近い確率でこの世に勉強に来た魂を自ら殺すことは罪だとも言っています。でも例え自殺を計っても、誰かや何かの助けで助かる人もいます。助からない事、それも運命なのでしょうか。分かりません。

 

人は産まれる前の世界はあまり考えないですが、死んだ後の世界を恐怖する傾向があります。きっと同じ世界なのに。死と言うのはただ、産まれる前の世界に帰ることなのだと私は思います。でもこの世に産まれると言うことは、魂的に学ぶだけ学ばないと勿体ないくらい奇跡的なのかもしれないと思います。

 

亡くなった彼ですが、亡くなって間もない頃不思議な夢をみました。真っ暗な背景に一人立っていて、私に一つだけお願いがある。と言いました。すごく生生しく私は恐怖を感じてしまいました。そして何故か夢と分かり、目覚めようと必死になりその場を逃げてしまいました。

 

それ以来、彼の夢をみてもそんな不思議な感じはありません。あの時何を言いたかったのか今でも心残りです。私は基本的に、この世で死んでもそれが最後だとは思っていません。

 

今の私としては最後だとは思いますが、魂は続くと思うし、この私の人生も魂の記憶として録画されていると思っています。上書きでもリセットでも無く、ちゃんと記録として残っていると思います。なのでハッピーエンドで終わりたいと思います。

-人生相談や皆様からの応援メッセージ

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.