赤いニキビが顔中に突然噴出しニキビ跡が残った。皮膚科や専門のクリニックの治療費が高額

生まれつきのコンプレックスはたくさんあります。たくさんあるので、まずはルックスから書きます。その一つはニキビ肌です。中学生になった頃からでしょうか。赤いニキビが顔中にハチに刺されたかのように出ました。今にして思えば、これが私の一生を決めたと言っても過言ではないでしょう。

 

私は中学生の頃から中年になった現在までニキビと付き合って生きてきました。中学生の頃、突然噴出した大量のニキビをニキビ薬で治療していましたが、顔中に赤いニキビ跡が残り現在まで生きています。当然、顔中がニキビだらけで自分に自信が持てずに成長しました。

 

思春期の頃、友達もできず、異性と知り合うことも、ましてや、顔を上げて、人の顔を見て話すことなんてできなくなっていました。自分の醜い顔を誰にも見られたくないと思い、いつもいつも下ばかり見て生きてきてしまいました。大人になった今でも体質は変わらず、醜いニキビがすぐにできます。

 

治っても治ってもすぐにできては治ってを繰り返します。ニキビ跡は上からクリームで隠さないと外出もできません。当然、皮膚科や専門のクリニックに何度も何度も通い治療しましたが、思うような効果は望めてません。

 

そもそも、治療するにも1回何万円、コースで治療すると数十万円という莫大なお金がかかるのです。1回の治療ではあまり意味がないから何度も何度も治療するのですが、経済的にも精神的にもとてつもなく苦しいです。

 

ニキビなんてひとつもない人、テレビの中できれいな顔で輝く芸能人がうらやましくて仕方がないと思って生きてきました。ニキビだけでなく、鼻はいつもいつも黒ごまのように汚い鼻です。当然、何度も洗ったり、パックしてももう治らないのかもしれません。

 

それともクリニックに通いつめて数十万円の治療を受けたら治るのかもしれません。半ば諦めてしまっています。

 

2つ目には人とうまく話せないということで苦しんで生きてきました。正直な話、人とうまく話せないことで苦しんできましたが、中年となった現在では、仕事の事務的な話だけ喋れれば、人とより良い人間関係を築くためにフレンドリーに話せなくても、極論を言えば、問題はないです。

 

ですが、よいよい充実した楽しい人生を送るためにはどうかと言うと人とうまく話せないのはどうかという話になります。私は幼い頃から人とうまく話せませんでした。何故か学校で喋らない人になってました。それが大人となった現在でも尾を引いています。

 

当然、友達も全くと言っていいほどできませんでした。友達と思いっきり笑い合いながら喋って遊んでみたかったです。だから人とうまく話して良好な人間関係の作り方や友達の作り方や異性との話し方なんて知らずに成長してしまいました。

 

大人になってから、結婚願望ができてからは、話し方教室に何度も通ったり、話し方講座DVDで学んだりしましたが、一時は役に立ったとは思いますが、やはりあらゆる場面で苦労するし、何より、人とうまく話せない、人とうまく交流できないのはとても寂しいですね。

 

私は寂しがり屋の性格なので、いつもいつも孤独でとても寂しい思いをしながら、成長してきたし、一人でいる時間が非常に多く長く寂しいなと大人になってから感じる時間が多くなりました。

コメントは受け付けていません。