プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

株・FX・先物

職場の同僚がヤクザ絡みの金融関係の人からお金を借りてしまい自殺

投稿日:

生と死に関して、一番つらかったと感じたことは、やはり人はお金がないと生きていけないのかなと感じたことです。かつての職場の同僚で、最近、お金がないことが原因で自殺した人がいました。

 

とてもショッキングで、現在も書くのはためらわれるのですが、とてもショックで、考えることがあったので書きます。

 

その人はお金がなく、詳しい話は事情が事情なので、詳しくは聞けないのですが、おそらくは、借りてはいけないヤクザ絡みの金融関係の人からお金を借りてしまい、借金で首が回らなくなって、他に相談する人もいなくなり、借金苦と取り立てから逃れるために、自ら命を絶ったのだろうということがわかります。

 

死に方も山奥に一人入り、木にロープをかけて、首をつったということがわかっています。つい数年前に一緒に仕事をしていた人が自殺してしまったという事件はとてもショックで、とてもではないですが、言葉では言い表せません。

 

現在の同僚の中には、過去その人と一緒に仕事をしたことがある人も多く、ショックを受けていましたが、やはりあからさまに悲しみを表現してはいません。みな大人です。私は、そんなところがとても苦手です。

 

それほど親しくもなく、一緒に仕事したといってもわずかな期間でしたから、このことを表現するのもなんとも言えない気持ちなのです。人知れず、思うことは、お金がないということは人の命をも奪うのだということを改めて考えさせられたのです。

 

このことがきっかけですなどと、公言はしたくないのですが、もちろん生きていくためには、お金がすべてではないです。しかし、お金がないということは生きるための気力や元気や活力、生命力、エネルギー全てを奪い取ってしまうのだと考えさせれれた出来事でした。

 

だから、私も貯金はしっかりとして、生活に困らないように、しっかりと地に足を着けて生きていけるようにお金を稼いでいきたいと思っています。身内のことで言えば、叔母を亡くした出来事が生と死について強く強く考えさせられたことでした。

 

私は幼少の頃からおばあちゃん子で、両親が共働きで、土日に両親が家にいなくても、おばあちゃんがいつもご飯を作ってくれて、食べさせてくれました。いつも優しかったおばあちゃんいつもありがとうと感謝の気持ちでいっぱいです。

 

私にとっておばあちゃんはいつもいつまでも若くて優しくて温かいおばあちゃんです。おばあちゃんいつもありがとうの気持ちを私は絶やしません。悔しいのは、おばあちゃんが元気だった頃にもっともっとおばあちゃん孝行をしていればよかったと思うことです。

 

親孝行は死んでからはできない、だから生きているうちにしておけということはこのことなのだなと自分が経験して初めて知ったのです。おばあちゃんが亡くなってしまって、遅いのだけれど、おばあちゃんいつもありがとうの気持ちを持ち続けたい思います。

 

そして、おばあちゃんは、生きている私たちに元気で、楽しんでほしい。と願っているはずです。だから、おばあちゃんの分まで、私は精一杯生きようと思っています。そして、おばあちゃん孝行は十分にできなかったけれど、親孝行はしっかりしたいと思っています。

-株・FX・先物

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.