プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

いじめ・人間関係のなやみ

珍味のイカ製造工場でバイトした時、中高年の女性の職場で作業中に新人いじめ

投稿日:

いつも貴重な内容の配信をありがとうございます。半年ほど日々メルマガや動画をインプットさせていただいております。自分の考え方や癖も変わってきました。

 

以前の自分を見つめなおす機会が増えました。ありがとうございます。無料で学ばせていただき感謝します。職場のいじめについてのテーマですが、今書くと私にも非があったのだなと思うこともあり一方的にこういういじめがあったと言い切れないのですが書きます。

 

①パート先の大手スーパーであったいじめでは、事務の方が大変難しい人でした。私にだけではなく他のパートさんにもそうでしたが。まず挨拶を返してくれない。届出や備品をもらうために声をかけても、無視されるので対応してもらうまで近くで待っています。

 

しばらくするとホラッ邪魔って感じで処理してくれる。などでしたが彼女は初老のベテランであったので誰も文句を言いませんでした。ああいう人だから。って感じで諦めていました。

 

彼女も仕事をたくさん抱えていたし忙しかったからしかたないのだろうな。と思うにいたります。私は仕事が決まるまでの腰掛パートでしたから気に病みませんでしたが、あまり気分の良いものではありませんでしたので彼女が休みの日はなんとなく心地よかったのを覚えています。

 

②昔、珍味製造工場でバイトした時はまだ若かったので、中高年の奥様だらけの職場でしたから辛くて2ヶ月ほどでやめました。態度や言葉遣いが皆さんそれぞれきつい方が多かったのですが、どうしようもないのが作業中のいじめでした。

 

ラインで裂きイカの原料の開いたイカが流れてくるのですが、アップライトピアノのような感じの機械で上がプールになっていてそこにいる人がまんべんなく広げます。下の段には20人ぐらいが並んでいて上からイカが降ってきます。それを本体、耳、裾と3つのパーツにわけながらちゃちゃっと大まかに胴体を裂くのです。

 

その一連の流れを横1列で行うのですが、新人には集中投下されるのです。そしてもたつくので大量のイカがつまってしまい機械がとまってしまいます。ライン一同、「何?誰?」って感じでイライラします。それを何回も繰り返され最後に管理している社員が見に来て怒られます。

 

そんなのが続き新人がやめていきました。続けていると次の新人が標的にされて儀式のような嫌がらせでした。今おもえば呆れ笑いですが。もう懐かしい思い出になりました。

 

現在もいじめにとれる出来事もありますが、繁忙期であるとか、相手のプライベートが大変だったとか思うようにしているのでダメージは少なくなりました。松田さんの動画で人は人、あの人には近寄らない、等と思えるようになったから毎日がとても楽になりました。ありがとうございます。

-いじめ・人間関係のなやみ

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.