プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

世界の秘密や陰謀など

コンビニやファミレス、ファーストフード店は癌になっても責任追及されない

投稿日:

私は学校で栄養学を学んでいます。栄養学の基礎的な知識と食品添加物について学びたくて入学しましたが、先生方の教える栄養学に疑問と不信感しかもちません。すごく昔の話をしていたり勉強不足なのかなと思うほどです。教科書の誤字なども酷いです(これは別件かもしれませんが…)。

 

個人的には健康が維持できる量の食事、栄養を摂れているなら1日三食食べる必要はないと思ってます。無理やり三食と間食などを食べさせた結果が生活習慣病で、生活習慣病が悪化して入院→今までとは比べ物にならない味の薄い美味しく感じないご飯で食欲減退してやせ細って死に至る。

 

病院と飲食店など関与した業界は儲かる。老人になり介護などのお金がかからずに死ぬというのが国の考えな気がしてなりません。

 

食品添加物についても、先生方はテンプレートのように悪い物ではない(見た目を良くしたり長期保存できたり安価で提供できる等)、この量を一生食べても大丈夫な量になっていると言いますが、実際には単体の食品添加物の場合の話なだけで、体の中で複数の食品添加物が合わさった場合の話をしていないのです。

 

(複数の食品添加物は多すぎて実験しきれないからという理由だそうです。)人間が安価で美味しい食品を求めたからこういう世の中になってしまったという事も分かりますが、リスクが高過ぎます。

 

日本は食品表示制度、遺伝子組み換え表示などもザルのようなシステムになっており、全体量の5%以内なら遺伝子組み換え表示は無しで良いという法律があります。5%をどう捉えるかですが、私は大きすぎると思います。

 

醤油に関しては遺伝子組み換え表示は義務化されていません。(=遺伝子組み換え大豆を使う商品は記載しない場合が多々)国産大豆の多くは皆さんが表示を見て買いそうな納豆に多く使用されています。

 

そして遺伝子組み換えで有名なアメリカのモ◯サント社の商品をイギリスのガン研究専門誌、Groceryがラットで実験した記事を見た所、数ヶ月後には腫瘍(ガン)が出来ていました。遺伝子組み換え食品が入った食べ物はスーパーの9割以上に登ると思います。

 

 

肉も育てている肥料が遺伝子組み換えトウモロコシが原料だと言われていますし、卵は薬漬けとも言われています。日本に癌患者が増えていることがよく分かります。癌になると抗がん剤を打ち更に癌細胞を増殖させ死に至ると言われています。

 

他にも問題視しないといけないような食品だらけです。なんでこんな風になってしまうんだろうと思います。コンビニやファミレス、ファーストフードの店は食べ続けて10年後にその人が癌になったからと言って責任追及はされないと思いますが…

 

不信感の募る栄養学、そこから更に間違ったように流れる情報、このままでいいのかと思う気持ちとお金の力を強く感じます。

 

この話を周りの人にしても信じてもらえなかったり聞いてもらえなかったり、ちんぷんかんぷんだったり小馬鹿にされたりするので、ある程度お金を稼いで時間を作り、研究をして正しい情報を信じてくれる人に食育できるようになりたいと思っています。

-世界の秘密や陰謀など

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.