先物オプションのコール売り。1回だけの損切り額が200万円に…

単調な会社員生活をこのまま続けていくことがつらいと思っていた私は、仕事には行きつつ、株式投資を始めました。

 

私が株式投資を始めたのは、ちょうどライブドアショックの前年からでした。

 

その年は加速度的に株価が上がって行き、私の持ち株の含み益もどんどん増えて行きました。

 

しかし、翌年の年明け早々に、堀江氏逮捕のニュースから始まる株価の瞬間暴落があり、そこで手を引いておけばよかったのですが、結局そのまま株を持ったまま、リーマンショックに突入してしまいました。

 

その時には含み損が1000万円を超えるまでになってしまいました。私には暴落時に損切りができなかったのです。

 

その頃はショックでただ茫然とするしかありませんでした。それからは数年間落ち込んだまま、自信を無くしたまま、やっぱり私にはお金を増やすセンスがないのかと悩んでいました。

 

悶々としていたのですが、株価低迷時に株価の変動があまりなかったので、懲りずに先物オプションのコール売りに手を出しました。

 

これは株価の変動がなければ、利益が得られる仕組みの物であったので、ある程度の利益を出せるようになっていきました。

 

すぐ調子に乗ってしまう私は、どんどん先物オプションへの投入額を増やして行きました。

 

コール売りが損をする場合と言うのは、株価が急上昇した時になります。

 

民主党から自民党が与党に返り咲いた総選挙の時から、株価が急上昇し始め、私は、その時の一回のみ損切りしたのですが、結局、それまでトータル300万円の利益があったものが、100万円の利益にまで落ちてしまいました。

 

1回だけの損切り額が200万円にもなってしまいました。

 

それ以降は株式投資は控えています。

 

ただ、今も持ち株がいくつかありますので、確定申告用で少額取引をずっと続けています。

 

とにかく、私には株式投資で利益を出すことはできませんでした。

 

FXはしたことがありません。

 

貴金属の金取引はしていた時期があり、少額ですが利益をだすことができました。

 

仮想通貨については、ビットコインが50000円台の時に買おうとしていたのですが、なぜか見送ってしまいました。

 

株式投資の失敗によって、かなり心が折れ、自分への自信がかなりなくなってしまいました。

 

また、ビットコインを買わなかったことは、正直、今でも悔しい思いが残っています。

 

今から振り返ってみて思うのは、私には運も味方してくれなかったなあとつくづく思いしらされています。

 

どうしたら、地に足をつけた、ストレスのない生活ができるのか、それが知りたい一心です。

コメントは受け付けていません。