プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

生まれつき・コンプレックスの悩み

顎関節症で自分でやすりで歯を削ったら良くなった

投稿日:

私の生まれつきのコンプレックスの一つは、顔の醜さでした。20代までは、自分の顔に自信が無く、異性の目をずっと恐れている自分がいました。そのためすべての行動が消極的になっていたと思います。

 

そのコンプレックスの原因は、歯でした。元々、一つ一つの歯が大きく、更に親知らずが大きく生えたために、顔面の口元部分の出っ張りにより、顔全体、首や耳までも常に張って固くなっている状態でした。

 

30代になってから、そのことに少し気づいて、親知らずを一本ずつ全部抜きました。そうすると、今度は噛み合わせが悪くなり、顎関節症となりました。奥歯の向きを削ったり、自分で違和感のある歯をヤスリで削ったりしていたら、突然ガクっとなり、強烈な痛みがありましたが、下顎全体が奥に引っ込み、首も柔らかくなり、それまで顔全体が突っ張って緊張していたような感覚がなくなりました。

 

痛みはしばらくの期間ありましたが、そのうちに収まりました。そして顔面のコンプレックスをある程度改善させることができました。改善された後、もっと10代の内に気づけて改善できていればよかったのにとの思いがありました。

 

また、別のコンプレックスは、腸が弱いことでした。すぐに便意を催し、小学校では、しばしばお漏らしをしてしまいました。

 

子供の時に漏らしたことは、すごく大きな悩みでしたし、常にトイレの位置の確認や、トイレのないバスなどを恐れていました。腸が弱いことに関しては、大人になった今も変わらずに続いています。30代の時に痔の手術をしたので、多少はましになりましたが。

 

この二つのコンプレックスによって、仕事選びなどの人生の選択の場面で、こんな自分には無理かなとの思いがかなり影響してきました。あの時、ああしておけば良かった、こうしておけば良かったなどの思いが思い出され、未だに悔しさが残っています。

 

この二つほどではないですが、他のコンプレックスとして、頭皮の汚れ、匂いがありました。かなり毛髪量が多く、30代後半になるまで、常に頭皮が匂っていて、どんに洗ってもとれませんでした。

 

しかし、あるネットの情報から、薬用歯磨き粉のア〇スがかなり殺菌作用があり、ア〇スで頭皮をマッサージするように洗えば、かなりキレイになると聞き、ア〇スを買って、頭皮マッサージをしてみたら、ドロっとしたよごれが落ち、匂いも見違えるように少なくなりました。

 

ネットでの情報もかなり役に立つんだとわかった例でもありました

-生まれつき・コンプレックスの悩み

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.