プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

仕事

農業と林業でゴールデンウイークは田植え時期で、家族で出かける暇なし

投稿日:

今まで自分のため、家族のため、会社のために?一生懸命に働いてきた50代も後半いいえ、60歳手前の会社員です。家業は農業と林業で休日をフル活用してこなしてきました。(米作りが主です)兼業農家ってやつですね。

 

ゴールデンウイークなんてまともに田植え時期のため、家族で出かける暇もありません。米作りにもこだわっているのですが、農協おまかせ取引で他の人の作った米と同じ扱いですので、こだわりが生かされないのが実情です。専業農家以上に頑張ってやった結果が出せていないんです。

 

自分たちで販路を見い出せたらいい結果になるのかもしれませんが、やりかたを知らない素人ですのでこの先続けるにも収入が見込めないのが不安です。少しの不安があるだけでもなかなか最初の一歩を踏み出せないものですね。

 

作ることが本業ですが、販売も本業というのが理想の姿かもしれませんね。最近ネット販売をしている農家さんをよく見かけるようになりました。商品の流通を構築するのも良いかもしれません。何を始めるにも先ず資金が必要ですよね、その資金どうしたら作れますかね。

 

さて本業の会社では役職をつけてもらい、対外的には体裁をつくろっていますが、上司と部下の板挟みで自分を押し殺して物事を進め何とか今に至っています。(上司からは経営側に立った物の考えを押し付けられていますが、部下からは現場の考えを伝える役割を求められてしまいます。)

 

また他の工程から正論を振りかざして意見する者がまかり通るような始末で、人や物事を非難 否定する事で自分をアピールしそこに自分の居場所と言うか、護身をする術を身に付けたどうしようもない人間がいたりします。

 

自分自身を全否定され傷つけられた者と傷つけた者。傷つけられた者は、おそらくこの先ずっと傷つけた者を許す事はないでしょうし、忘れもしないでしょう。ところが逆の立場の者はすっかり忘れてしまって、そんな事をしたことすら覚えてないんです。こんな人間のいる会社は枯れてしまいますよね。

 

やっている事を気付かせて止めさせる事が一番良いのでしょうが、逆にまともに標的にされても困ります。職場での人間関係をいかにより良い関係に作り上げるか、少しだけでも相手を思いやる、お互いの立場を尊重できる人間になるにはどうすればいいのでしょう。

 

人それぞれ育った環境の違いが性格になるのでしょうか。そんな性格をいい方向へ変えるなんてとても無理な相談なのでしょうね。

-仕事

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.