月の満ち欠けで身体が変化、満月になると寝込んでしまう

スピリチュアルな事は深くは分かりませんが、いくつか思いつく事を書いてみたいと思います。

 

1.2017年の事ですが、家で床に封筒が落ちていたので、開けてみたら会社で仲良くしていた別の部署の派遣さん2人から昔にもらった古いバースデーカードでした。20代後半でもらったので、今から約20年前の物です。

 

一人(Aさんとします)は年に一度会うか会わないかですが、年に数回メールはします。もう一人の方(Bさんとします)はその後すぐに辞めたので20年近く会ってないし連絡先も知りません。

 

ところが、カードを読んで昔の事を思い出し思わず微笑んでいるところに、滅多に鳴らない携帯が鳴っているではありませんか。ふと見たらAさんからの電話でした。思わず驚いて電話に出ました。更に驚くことに連絡を取っていなかったBさんから連絡が来たと言うのです。しかも、私も入れての食事のお誘いだったようです。

 

これだけ見ると単なる偶然にも見えますが、私は本当にこのような事が多く、自分でも驚きます。絶対普段思い出さない人の事をふと思い出して、遠くを見つめながら「どうしてるのかな~」なんて考えるとそのすぐ後にほっこりと現れたりするのです。

 

そんな事を話すと、信じない人からは、単なる偶然をいかにも予言したような言い方をして、じゃあこれから起こる事を予言してみて!などと攻撃さえされた事があります。よっぽど信じられないのでしょう。確かに気持ちは分かります・・・。

 

最近は人づきあいがないので、余計に不思議に感じます。まるでその人が私の気持ちを感じとっている、若しくはその逆もあるかもしれませんが、何か目に見えないものが飛んでいるのだろうと最近は思うようになりました。歳を重ねてその経験も増えて確信に変わってきました。

 

2.これもまた最近の話ですが、元々月の満ち欠けには特に興味はなかったのですが、少し前から気付き始めた事がありました。

 

私は慢性疲労で特に具合悪くて動けずに寝込む日があります。たまたま空を見上げると満月である確率が高い事に気付きました。

 

また、新月に関しては外が暗いと感じる日が何回かありました。街灯がついているのに明らかに見えづらいんです。「こんなに暗いと痴漢等の犯罪が起きやすいかも」と恐怖を感じたり、原始人の気持ちになって「こんなに暗いんじゃ電気もない大昔は大変だったろうな~」と感じるようになったきました。ふと思いついて手帳を見ましたら丁度「新月」である事が分かりました。

 

普通の人は知っているのかもしれませんが、私は興味がなかったのもあり勉強になかなかついていけず、特に理科は知識として残っている事が少なく、初めて月の満ち欠けを体で感じて興味を持つ今日この頃なのです。何故最近になってここまで敏感に感じるようになったかは分かりません。

 

きっと月と体の調子は関係あると思いインターネットで調べてみましたが、今のところ関係性を示すデータはないどころか、否定する研究データがあります。月の引力は人間に影響するほど強くないとも言っています。それでもまだまだ研究はこれからも色々とされそうです。

 

敏感な人しか感じないのかもしれませんが、私は関係があるだろうと信じるようになりました。年齢を重ねて自分が敏感になっているのか鈍感になっているのか分かりませんが、すっかり忘れていた“デジャブ”が先日久しぶりにありまして、若い時の方が多かった事を思い出しました。

 

これからは心の平和を保つ為にもスピリチュアル的な話に耳を傾けていきたいと思っています。

 

追伸:偶然にも今日は満月ですね。松田様は何か変化は感じられますでしょうか?私は昨日から思い込みとかではなく、不思議と不調で辛いです・・・。

コメントは受け付けていません。