クーラーの冷風、寒い冬が大の苦手で冬はスキー用のウールの靴下を常用

私は毎日、夏も冬も、靴下を2枚履いています。内には5本足型の薄い生地のくつした、外には普通の靴下、冬になるとぶ厚い靴下を履きます。5本足の靴下は指もすっぽり包むので臭いが出にくい特徴があります。

 

夏でも2枚履いて出かけるのは、臭いの防止のためと、クーラーなどの冷風が苦手なためです。サンダルで出かけるのはせいぜい近くのコンビニまでです。寒い冬が大の苦手なため、冬にはスキー用のウールの靴下を常に履いているほどです。

 

足が冷えてしまうと、体全体が冷えてしまい、冷えがなかなか治まらず、最後には風邪を引いてしまうことが多いです。寒いのが苦手と言うことでまだあるのですが、冬場は寝る時にネックウォーマーをして寝るようにしています。

 

こうすることで、寝ている間に喉を傷めて、朝になって喉が痛くなって風邪を引くと言うことをかなり防げています。風呂の入り方ですが、私はシャンプーが苦手で、頭も固形石鹸で洗います。髪の量が多いので、タオルに石鹸をつけて頭皮をタオルでゴシゴシ洗わないとキレイに頭皮まで洗えていない気がしています。

 

私は、爪を切る時のパチンっと鳴る音が苦手なので、手の指も足の指も小さなハサミで切ってヤスリをかけています。どうしてもあの音が聞きたくないので。一人暮らしなので洗濯も自分でするのですが、週に一回まとめてすることにしています。

 

ずぼらなのもあるのですが、頻繁に洗濯することが無駄使いのような気がして抵抗があります。更に洗濯前にTシャツとタオルは洗剤と共にしばらくつけ置きして、汚れが取れやすくしています。さらにパンツも便がついていたら嫌なので、洗濯機に入れる前に手洗いしています。

 

あと、最大に理解されにくいクセと言えば、すごくお腹が弱いことから来るものです。外出時にトイレが常にどこにあるか気にしている。車に乗ったりしている時はズボンのボタン等を緩めたりしてお腹を刺激しない。

 

普段ジーンズを履く時はベルトではなく、伸び縮みする太目のゴムをベルト代わりにしている。車の中に大用の簡易トイレを備えている。常にポケットティッシュペーパーを持って外出する。気休めかもしれないが、正露丸は常に持ち歩いている、などです。

 

子供の時からお腹が弱く、小学校低学年の時はよく漏らしていました。実は今でも、たまに間に合わなくて漏らしてしまう時があります。ある意味、トイレの無い場所、時間への恐怖症と言っていいと思います。

コメントは受け付けていません。