下請け業者が重大なミスを犯し取引が停止すると担当者の態度が変貌

松田豊様。昨年10月にメルマガ登録以来、5が月が経ちました。いつもYOUTUBE、LINEでも貴重な配信を頂き感謝しております。この場をお借りしてお礼申し上げます。

 

私は現在個人で設備メンテナンスを営んでおり、3月で49歳になりました。現在私は仕事が殆どありません。昨年初頭に某大手店舗との取引で、私の下請け業者が重大なミスを犯してしまいました。

 

当然元請の私が責任をとり、取引が停止になりました。この大手に御ひいきにして頂いて2年あまり、依頼があれば24時間対応で店舗の設備トラブルに対応してきました。特にメンテナンス契約を結んでいる訳ではなかったのですがほぼ毎日仕事の依頼を頂いておりましたので、私のような小さい組織では他のお客様のご依頼を断らなければならないことも、多々ありました。

 

結果、ほぼこの大手1社との取引で生きてきたので、取引が無くなれば当然収入も無くなる事は当たり前なのですが、精神誠意対応していた日々の中で、このリスクは想像もしておりませんでした。経営者として甘かったと言われるとそれまでですが・・・。

 

重大なミスを犯してしまった為、先方には当然謝罪をし、普及の為のメンテナンス費用を負担し処理をしましたが、「誠意が感じられない。信頼回復のためにはこれではすまない」と言われ、過去私がメンテナンスしてきたヵ所を全て再点検してくれと言われ、100万程費用負担し第三者に依頼して処理しなければなりませんでした。

 

ショックだったのはこの大手の担当者の変貌でした。私を信頼して今まで仕事を依頼してくれていたことは百も承知ですが、3日間寝る暇もなくこの再点検処理をしていた最中、気が付くと2時間ばかり仮眠してしまったときに、偶々電話があり「寝ている暇なんてないだろ」と罵倒されました。

 

また、「そんなだらしない生活しているから奥さんに逃げられるんだろ」「こんな小さいサービスカーしか買えない様な支払いはしていない。もっとましな車に乗ってきてくれ」など、関係の無いプライベートの話などで私を責めるようになり、再点検には関係のない作業を無償で強要するようになって来ました。

 

段々と、電話を取るのも恐ろしくなりました。元々トラブルが起こる前はプライベートでもお付き合いしていた位で、とても温厚な方だったので、人はこうも変わるのかと思いました。

 

この大手との再点検処理が終わった後は人が信じられなくなりまともに人と会って話ができずに、対人恐怖症の様になってしまい、また仕事で失敗したらもう後がないという恐怖に駆られて外に出るのも恐ろしくなりました。

 

そんな中でYOUTUBEで偶然松田さんの動画に出会い、励まされて今日に至っています。昨年10月に松田さんの動画を拝見して以来、一人で収入を得るアフィリエイトという仕事がある事を知り、先ずは無料ブログを作成して今日に至っております。

 

現在メンテナンスの依頼は殆ど無くなってしまいましたが、それでもまだお世話になり義理があるお客さんもいらっしゃいます。この方達にいは恩返しが出来るように、このメンテナンス業をいきなり辞めてしまう訳にはいきませんが、自宅で出来る仕事に切り替え、アフィリエイトを真剣に学びたくおもっております。

コメントは受け付けていません。