周波数が合わない人は排除されるという引き寄せの反対の法則がある

中学時代、基本ボッチで休憩時間も自分の席で本とか教科書とか読んでいました。比較的身長が高かったためか、暴力を振るわれた経験は2回だけです。

 

通路を歩いている時に不良っぽいヤツからすれ違いざまにいきなり急所を叩かれたことが1回だけあります。2回目は別の不良っぽいヤツから受けた暴力です。部活(バドミントン部)の時間中、そいつが急にキレてきて私の胸ぐらを掴んで腹にパンチを3回入れられました。

 

私は不良っぽい連中から見ると、近くにいるだけで勘に障るタイプのようです。こんな感じで暴力を振るわれたとしても、親や教師に言うことはありませんでした。言っても解決しないことは分かっていましたし、何よりも教師の方が暴力を振るってましたから。

 

目撃談、クラスに不良っぽい連中の集団がいて、同じクラスにいる一人の子をいつもターゲットにしていじめていました。体育の時間中、たまたま教師が不在だった時にいじめがエスカレートして起こった事件がありました。

 

高跳びの競技をするときに使うスポンジが入った大きなマットがありますが、いじめっ子連中は、それをいじめられっ子に覆い被せて押さえつけるという遊びをしていました。マットの上に乗ったいじめっ子たちは、踏みつけたり飛び跳ねたりしましたが、たまたま、その子の腕の下に野球のバットが一緒に挟まっていて、いじめられっ子は前腕部を折る重傷を負いました。

 

今なら地方紙に載るレベルの傷害事件ですが、特に騒ぎになるようなこともなく、いじめっ子連中がいじめられっ子にごめんねと頭を下げて解決しました。

 

数えてみたら40年以上も前のエピソードですね。昭和50年代とは、そういう時代でした。

 

高校時代、高校に入ってからもボッチなのは変わりませんでした。体育が苦で手特に球技は本当にヘタクソだったのですが、トイレで隠れてタバコを吸っているような不良っぽい連中から推薦され、体育委員をやらされたりしていました。

 

ごく少数いた仲が良いと思っていた人たちが、後で私のことを陰で「鈍感」呼ばわりしていたことを別の知り合いレベルの人から聞かされたのですが、このエピソードがイマイチ人を信用しきれない原因になっていそうです。

 

電車とバスを乗り継いで通学が片道1時間もかかることもあって、行くのが面倒になり、3年に進級した後は出席日数ギリギリを見計らって最低の日数しか学校に行きませんでした。

 

正社員時代、正社員になってからは、上司から「遅くてミスが多い」と言われ続けていました。図面を書く仕事は何枚書いたかが売上に直結するので、今日は○枚書きましたと毎日報告させられて、少ないと露骨に渋い顔をされたり、プレッシャーが凄かったです。

 

枚数を稼ごうとして、一人作業で深夜までサービス残業、休日出勤をしていました。それでも全然間に合わなくて「ばかやろう」と怒鳴られたこともあります。

 

準社員時代、割が合わないと感じて退職した後は、準社員としてパソコンで図面を書く仕事をしていた時期があります。その職場でも仕事が間に合わなくて何日も徹夜続きでした。

 

その会社は働いた時間分は給料を受け取れました。給与面では改善しましたが、仕事の受注先の担当者が仕事は出来るんですが、性格が最悪でした。仕上がりの細かい点をネチネチ指摘されて、何度も何度も再提出になります。
地方へ泊まりがけで出張することも多く、体力的に続かなくて退職しました。

 

派遣社員時代(倉庫内作業)、派遣社員として登録してからも派遣先で言われることは相変わらず「作業が遅い、要領が悪い、ミスが多い」です。

 

「そこで待ってろ」と派遣先の正社員から指示され、その場に立ったまま2時間近く放置されたこともあります。
字が間違っていることをしつこく指摘されたり、「どうやれば良いか教えてください」と尋ねても「自分で考えろ」と突っぱねられたりと、単純作業の職場は心が荒れている人が多い印象でした。

 

派遣社員時代(コールセンター)、派遣先にはコールセンターも多かったです。「態度が悪い」とか「電話の応対が悪い」「悪い所を直しますと約束しろ」と迫られたりしました。約束とかはしませんでしたが、最後には「明日から来なくていい」と言われて終了した派遣先もありました。

 

パートタイム時代、直近の職場はデータ入力の会社でした。ここでも以前と変わらず、「遅くてミスが多い」と指摘され続けました。始末書を何度も書かされたり、出勤時にこちらから挨拶しても無視されるようになって「早くやめろ」みたいな無言の圧力を感じ続けました。

 

パートの仕事は3年ちょっとやりましたが、続けるのは無理と感じて退職しました。

 

経験してきた職場は、私にとってはどこも酷かったですが、いじめることもいじめられることも無く、楽んで働いている人も大勢いました。周波数が合わない者は排除されるという引き寄せの反対の法則があるみたいですね。いじめという行為は引き寄せの法則を反対側から見た現象なのかも知れません。

コメントは受け付けていません。